2021/08/01 16:00

諏訪之瀬島・御岳 噴煙3800メートル、観測史上最高に

噴煙を上げる諏訪之瀬島の御岳(資料写真)
噴煙を上げる諏訪之瀬島の御岳(資料写真)
 十島村諏訪之瀬島の御岳で31日午後6時15分ごろ、噴火があり、噴煙の高さが観測史上最も高い3800メートルに達した。これまでの最高は7月12日の噴火の3600メートル。

 31日は午後11時までに、爆発が2回、噴煙量が中量以上の噴火が2回あった。福岡管区気象台によると、大きな噴石が最大で北西に500メートル飛んだ。火砕流は確認されていない。噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)を継続している。
広告