オモリとハリが一体のテンヤ。シンプルな仕掛けで大物に挑戦! 穂先の細い繊細な竿で掛けてからもスリリング。狙ったのはマダイ。釣れたのは?||鹿児島湾

 2021/08/09 20:30
鹿児島湾で釣り上げたコロダイ=7月中旬
鹿児島湾で釣り上げたコロダイ=7月中旬
〈あゆLOVEフィッシング-上園あゆみ〉

 今回皆さんに紹介したい釣りは「テンヤ釣り」。テンヤ釣りとはオモリとハリが一体になった仕掛けに、エサを取り付けて釣る釣法です。ルアー釣りのようなゲーム性と、エサ釣りの集魚力の両方を兼ね備えた良いとこどりの釣り方で、全国にファンの多い釣りなんです。

 発祥は紀州(現在の和歌山県)。元々は漁師さんが江戸時代にマダイを釣るために考えた伝統的な釣法と言われています。最近では、テンヤ仕掛けにもいろいろな大きさや種類のものが出ていて、タチウオを狙う「タチウオテンヤ」、マダイを狙う「一つテンヤ」、タコを狙う「タコテンヤ」などさまざまです。

 今回は、マダイを狙う「一つテンヤ」という仕掛けで鹿児島湾(錦江湾)のマダイを狙いました。エサはエビ。まさに「エビでタイを釣る」といった感じでしょうか?

 最大のポイントはエサの付け方。エビが真っすぐになるように付けることで、魚へ自然な動きを演出でき、アピールはもちろん、エサを取られにくく、魚にハリが掛かりやすくなります。エサを使った釣りなので、マダイのほかにもヒラメやマゴチ、チヌなどさまざまな魚を狙えます。そして、穂先の細い繊細な竿(さお)を使用するため、掛けてからのやり取りも非常にスリリングで、釣りごたえがあります。

 基本的には船からの釣りですが、私は岸からも同様の釣り方でヒラメやマダイを仕留めてきました。根掛かりが大敵ですが、単純な釣り方でさまざまな魚が釣れるので、始めやすい釣りの一つ。今回の釣りでは、一つテンヤ初挑戦の釣りガールのはなちゃんと一緒にチャレンジしましたが、見事大物のマダイを釣り上げていました。

 シンプルながら当たりの取り方や合わせ方はテクニックがいるので「やればやるほどうまくなる」奥深い釣りです。同じ釣り場で同じ時間釣りをしても、上手な釣り人とは釣果に差が出ます。マダイ天国とも呼ばれる鹿児島には、もってこいの釣り方ではないでしょうか? ちなみに、今回、私が釣り上げたのはマダイではなく、コロダイでした。

 あわせて読みたい記事