2021/08/18 09:00

預金口座2年利用なければ手数料 鹿児島銀行、県内初導入 10月以降開設分から適用

鹿児島銀行本店ビル=鹿児島市金生町
鹿児島銀行本店ビル=鹿児島市金生町
 鹿児島銀行(鹿児島市)は10月以降に新たに開設する口座について、2年以上利用がない場合に年1320円の管理手数料を設ける。預金口座の利用を促し、マネーロンダリング(資金洗浄)などの不正利用を防ぐ目的。同行によると、手数料導入は県内に本店を置く金融機関で初めて。

 10月1日以降に新設する総合口座を含む普通預金と貯蓄預金のうち、預け入れや払い戻しなど最終日から2年以上利用がない口座が対象となる。残高が1万円以上の場合や、同行で借り入れがあったり、定期預金や投資信託をしたりしている顧客には適用されない。

 名義人に通知後、約3カ月間動きがなければ、手数料を引き落とす。残高が1320円未満の場合、全額引き落とした上で口座を自動的に解約する。

 同行は「既存の口座は対象外。長い間利用がない口座を悪用した不正を防ぐための措置で、ご理解いただきたい」としている。

 長期間取引のない新規口座への手数料は、2004年にりそな銀行が導入。三井住友銀行や三菱UFJ銀行も今年から始めた。
広告