2021/09/04 07:00

1人死亡、死者累計50人に 新たな感染は86人(鹿児島市50、奄美8、曽於6、薩摩川内4、霧島4、姶良4、鹿屋3、伊仙2、志布志1、南さつま1、南九州1、徳之島1、大和1)新型コロナ・鹿児島3日発表

 鹿児島県と鹿児島市は3日、新型コロナウイルス感染者を新たに86人確認したと発表した。100人を下回るのは5日連続。県は入院中だった感染者1人の死亡も公表し、死者は計50人になった。

 8月27日~9月2日に実施したデルタ株のスクリーニング検査では、165人が疑い例となり、陽性率は93.8%。3週続けて90%を超え、デルタ株が主流になっている。

 新規感染者の居住地は鹿児島市50人、奄美市8人、曽於市6人。薩摩川内、霧島、姶良各市がそれぞれ4人。鹿屋市3人、伊仙町2人。志布志、南さつま、南九州各市と徳之島町、大和村がそれぞれ1人。全体の2割に当たる18人の感染経路が分かっていない。

 死亡した1人の年代や性別、死因は遺族の意向で非公表。鹿児島市は遺族の意向を確認中としていた1人について、死因のみを基礎疾患と発表した。

 県内の累計感染者は8378人になった。2日時点の療養者数は前日比140人減の1169人。内訳は入院340人(前日比1人減)、宿泊療養368人(同35人減)、自宅待機461人(同104人減)。入院患者のうち重症は6人、酸素投与が必要な中等症は87人になっている。
広告