部下に暴言「顔見るとやる気なくす」 パワハラで公社主任を処分 鹿児島・西之表市

 2021/09/10 10:00
南日本新聞ニュース
 西之表市まちづくり公社(理事長・中野哲男副市長)の60代男性主任が、部下にパワーハラスメント行為をしたとして、減給10分の1(3カ月)の懲戒処分を受けたことが9日、分かった。

 処分は3日付。公社などによると、主任は今年4~8月、業務中の50代の男性臨時職員に「顔を見るとやる気をなくす」などと暴言を浴びせたり、農機具で脚を小突いたりした。関係者が公社に通報し発覚した。

 主任は「指導の一環で厳しく言った。今後はやらない」と話したという。臨時職員は希望して別作業へ配置転換になった。公社は「懲戒処分の公表規定がない」として発表していなかった。

 中野副市長は「被害に遭われた方には心よりおわびしたい。再発防止に向け、指導を徹底する」と話した。