2021/09/12 06:00

猛烈な台風14号 勢力維持し東シナ海北上 14日から停滞、鹿児島など大雨続く恐れ

 猛烈な台風14号は11日、勢力を維持したまま沖縄の南を北北西に進んだ。14日にかけて東シナ海を北上し、それ以降はほとんど停滞する見込み。台風が予報円の東側に進路を取った場合、鹿児島県内に大雨や高波の影響が出る恐れがある。

 鹿児島地方気象台によると、県本土と種子島・屋久島地方は12日、前線の影響で局地的に激しい雨が降る。台風の影響で、13日以降もしばらく大雨が続く可能性がある。

 12日の1時間予想雨量は多い所で、県本土40ミリ、種子・屋久30ミリ、奄美20ミリ。12日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、薩摩120ミリ、大隅100ミリ、種子・屋久と奄美80ミリ。

 台風14号は11日午後9時現在、沖縄の南にあり、時速15キロで北北東に進んでいる。中心気圧は920ヘクトパスカル、最大風速(最大瞬間風速)は55メートル(75メートル)。