2021/09/14 10:35

新興企業と連携、新事業創出へ 南日本新聞社など3社 全国から提携先募集

「鹿児島アクセラレーター」の募集ページ
「鹿児島アクセラレーター」の募集ページ
 南日本新聞社など県内3社が、外部企業の技術や発想を取り入れ新事業創出や事業革新を目指す計画「鹿児島アクセラレーター」が13日始まった。新しいビジネスモデルを持ち、協力に応じるスタートアップ企業(新興企業)を全国的に募集している。10月1日まで。

 スタートアップ企業支援のCreww(東京)とNTTドコモ九州支社が主催。Crewwが手掛けるプログラムを活用し、3社と全国のスタートアップ企業をつなぐ。10月4~8日に1次審査、2022年1月下旬に最終審査、3月に事業化を目指す案の発表を予定する。

 南日本新聞社のほか南日本放送(MBC)、渡辺組が参加し連携先を募る。南日本新聞社の和田茂常務は「当社の取材力や記事の蓄積、個別配達網などの財産と、スタートアップ企業の斬新な発想や知見を掛け合わせた新事業で地域の利益につなげたい」と話している。

 申し込みはエントリーページhttps://bit.ly/crewwgrowth-kagoshima-202109から。問い合わせは南日本新聞社企画経理部=099(813)5029
広告