2021/09/17 02:47

十島村・諏訪之瀬島 噴火警戒レベル3に上げ 噴石800~1000メートル飛散 気象台

 福岡管区気象台は17日午前2時35分、十島村・諏訪之瀬島の御岳の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。火口から2キロの範囲で大きな噴石の飛散に警戒するよう呼び掛けている。

 気象台によると、16日午後8時14分と17日午前2時12分の爆発で、大きな噴石が火口からそれぞれ800メートルと1キロ近く飛んだ。レベル3への引き上げ基準である「火口中心から1キロ付近まで飛ぶ大きな噴石を48時間以内に複数回観測」に達した。