ワクチン大規模接種 40歳以上にも拡充 19日から鹿児島県 新型コロナ

 2021/09/17 21:00
 鹿児島県は17日、鹿児島市と霧島市で実施している若年層ら向け新型コロナウイルスワクチン大規模接種の対象者を、19日から40歳以上にも拡充すると発表した。予約枠に空きがあるため。18日午前9時からコールセンターと専用ウェブサイトで予約できる。

 接種券を持つ16歳以上の県民なら誰でも接種できることになる。12~15歳は、日本小児科学会が集団接種ではなく、個別接種を推奨しており、県内専門家の意見も聞いた上で対象拡充を見送った。

 大規模接種は感染が目立つ16~39歳や妊婦ら約1万人を対象に、13日始まった。米モデルナ製を使い、1回目接種は26日まで。県によると、21日以降に空きが目立つ。21~26日の予約率(16日時点)は鹿児島55.5%、霧島47.6%。

 会場は鹿児島が「Li-Ka(ライカ)1920」、霧島が国分保健センター。コールセンター(午前9時~午後5時)=099(263)8440、ウェブは24時間対応する。
広告