2021/09/19 12:00

コロナ下の不自由から解き放つ 高校生の思い、青い鳥のLEDイルミで表現

(左上から時計回りに)かごの中の青い鳥に魔法がかかり自由に空を飛び回る様子がアニメーション風に表現される
(左上から時計回りに)かごの中の青い鳥に魔法がかかり自由に空を飛び回る様子がアニメーション風に表現される
 アミュプラザ鹿児島(鹿児島市中央町)は開業17周年を記念し、鹿児島情報高校(同市谷山中央2丁目)のメカトロニクス科が手がけたイルミネーションを本館6階で展示している。26日まで午前9時〜午後9時に点灯する。

 かごの中の小鳥が、魔法の力で大空に羽ばたく様子を表現。発光ダイオード(LED)のチューブを配線してあり、30秒間、アニメーションのように動いて見える。

 2019年に同科3年生が課題作品として製作。修理しながら引き継がれてきた。メカトロ部顧問の徳田晋一教諭(63)は「ある生徒が『新型コロナウイルス下で、生活の自由を失った自分たちが持っている希望を表しているようだ』と言い、まさにその通りだと感じた。それぞれの思いを重ねて見てほしい」と話した。
 
広告