2021/09/22 09:55

社民・福島党首「米軍は約束守らぬ」 馬毛島・訓練移転 屋久島で集会

 社民党の福島瑞穂党首は21日、屋久島町を訪れ、西之表市・馬毛島への米軍機訓練移転計画などをテーマにした集会に参加した。「米軍は約束を守らない。皆で力を合わせ、平和を守る活動をつくろう」と訴えた。

 社民など野党3党と県内の市民グループは次期衆院選の共通政策で「馬毛島の軍事基地化反対」を掲げる。福島党首は、自公政権の防衛政策などに触れ「沖縄や神奈川の現状を見れば、ヘリや飛行機の経路、飛行時間帯などの約束を守らないことは明らか」と指摘した。

 集会には町民ら約70人が参加。計画に反対する市民・団体連絡会の迫川浩英事務局次長が映像を交えながら馬毛島の現状を報告。衆院選鹿児島4区に立候補を予定している社民新人の米永淳子氏も参加した。
広告