2021/09/22 20:36

「持病あったが熱出なかった。皆さん、ワクチン接種を」 議場で感染体験語った県議 新型コロナ・鹿児島

成尾信春議員
成尾信春議員
 鹿児島県議の成尾信春議員(公明、鹿児島市・鹿児島郡区)は、21日の代表質問で新型コロナウイルスのワクチン接種状況について質問した後、7月に感染した自らの体験談を語り、接種を呼び掛けた。

 64歳で持病もあったことから、周囲に当初は心配されたという。7月上旬に2回目のワクチン接種を済ませていたこともあり、発熱もなく最短の10日間で復帰できた。

 ワクチン接種が1回だった家族は同時期に感染。高熱に苦しみ、酸素吸入を受けた。未接種だった知人はさらに症状が重く、入院が長期化した。残り時間が足りず詳しい報告はできなかったが、「陽性になっても重症化しない。皆さんぜひワクチンを打って」と力を込めた。