2021/09/25 09:30

自民総裁選 河野氏、核燃料サイクル「回らないのは明らか」

エネルギー政策などについて持論を述べる河野太郎行政改革担当相=国会内
エネルギー政策などについて持論を述べる河野太郎行政改革担当相=国会内
 自民党総裁選に立候補している河野太郎行政改革担当相は24日、南日本新聞など地方紙11社のインタビューに東京都内で応じた。使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」について、「高速炉を断念した時点で回らないのは明らか」として再処理を止めるべきだとの考えを示した。

 使用済み核燃料について「本来は中間貯蔵しないといけない」と述べ、最終処分に向けて議論を重ねる必要性を指摘した。電源構成では「再生エネルギーを進めつつ、不足分は原子力でやらないといけない」とした。

 西之表市馬毛島への米軍機訓練移転計画に絡み、河野氏が防衛相だった2019年11月、政府と地権者が約160億円で売買合意した。民主党政権時の評価額が約20億円だったとの証言があることについて、河野氏は「昔の価格は分からない」とし、日米同盟のため早期移転を進めるべきだとした。

 地方創生に関して、インフラ整備を進め、テレワークや教育、医療への活用を推進すると述べた。
広告