2021/09/28 10:00

自衛隊基地計画 馬毛島ボーリング調査 許可取り消し求め再提訴 漁師「地元の声聞いて」 鹿児島地裁

馬毛島(2020年11月、西之表市沖)
馬毛島(2020年11月、西之表市沖)
 西之表市馬毛島への米軍機訓練移転と自衛隊基地整備計画に伴い防衛省が島周辺で進めているボーリング調査を巡り、鹿児島県の許可取り消しを求めて鹿児島地裁に提訴した漁業者らは27日、同市で会見し「地元の声をしっかり聞き、判断してほしい」と訴えた。

 原告は同市の漁業者10人で、地裁への提訴は昨年12月に続き2度目。許可の根拠法令が漁業者の個別の利益を保護する趣旨とはいえないなどとして却下された前回を踏まえ、漁業者の生計に与える影響から原告としての資格を強調。「種子島漁協が正当な手続きを踏まず調査に同意した」と指摘し、県がこの同意書を基に許可したのは違法とした。

 一本釣り漁の漁師(69)は「漁場に立ち入れず、補償もない。不便を強いられている漁師のことを考えてほしい」と述べた。

 訴状は24日郵送され、鹿児島地裁は27日、受け付けた。

 県河川課は「現時点で訴状が届いていないため、コメントは差し控える」とした。

 防衛省は昨年12月、ボーリング調査に着手。5月末までの期限内に完了せず、来年5月末までの延長を申請。県の許可を7月に受け、海底掘削を9月4日再開した。
広告