2021/09/28 13:35

大型で非常に強い台風16号が北上 奄美地方、高波に警戒 離島航路が欠航

予想進路図(28日正午、気象庁ホームページ)
予想進路図(28日正午、気象庁ホームページ)
 大型で非常に強い台風16号は28日午前9時現在、風速25メートル以上の暴風域を伴いながら日本の南海上をゆっくりと北上している。奄美地方は29日夜のはじめごろから30日にかけ、うねりを伴い大しけとなる見込みで、鹿児島地方気象台は警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、中心気圧は935ヘクトパスカル、最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。

 29日に予想される波の高さは奄美北部6メートル、同南部と十島村5メートル。30日は奄美北部6〜8メートル、同南部と十島村が4〜5メートルで、いずれもうねりを伴う。

 30日以降は次第に進路を北東に変え、日本の東を北東に進む見込み。

 台風北上に伴い、28日は鹿児島と奄美・沖縄を結ぶクイーンコーラル8、鹿児島と屋久島を結ぶフェリー屋久島2などが欠航になっている。

【台風進路予想】


気象情報

広告
広告