2021/09/30 15:42

警察に「刺された」と話した男 自作自演だった 軽犯罪法違反の疑い 鹿児島・鹿屋(更新)

男性が腹部から血を流して倒れていた現場付近を調べる捜査員ら=30日午前9時53分、鹿屋市寿4丁目
男性が腹部から血を流して倒れていた現場付近を調べる捜査員ら=30日午前9時53分、鹿屋市寿4丁目
 30日午前7時50分ごろ、鹿屋市寿4丁目の集合住宅駐車場で、同市の自称作業員の男性(25)が腹部から血を流して倒れているのが見つかった。鹿屋署は傷害事件として捜査していたが、同日午後、男の自作自演だったと発表した。軽犯罪法違反(虚偽申告)などの疑いで調べている。

 同署によると、男は当初「見知らぬ男に刺された。男は逃げた」と説明していたが、「自分で刺した」と認めた。「死のうとした。自分でやったことが情けなくなってうそを言った」と供述している。命に別条はない。

 市教育委員会は通り魔事件の疑いがあるとして、市内全35小中学校に午後3時をめどに児童生徒を集団下校させるよう指示。現場近くの寿北小学校は午後の授業を中止し、保護者に迎えを要請した。