2021/10/07 09:30

公園でのこぎりとカッターナイフ持っていた男逮捕 「仕事道具」と容疑否認 鹿児島市

 鹿児島中央署は4日、銃刀法違反の疑いで、鹿児島市荒田2丁目、無職の男(64)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午後10時5分ごろ、同市荒田2丁目の騎射場公園で、刃体約21センチの折り畳み式のこぎり1丁と刃体約9センチのカッターナイフ1本を正当な理由なく携帯した疑い。

 同署によると、知人男性が「(男が)刃物を持って来ると言った」と110番した。2人は酒に酔っていた。男は「仕事の道具として持っていた」と容疑を否認している。
広告
広告