暑い秋 15日ごろまで? 鹿児島市、7日連続真夏日 10月の記録更新

 2021/10/08 09:35
暑さは15日ごろまで続いた後、平年並みになる日が多くなる見通し(写真は桜島)
暑さは15日ごろまで続いた後、平年並みになる日が多くなる見通し(写真は桜島)
 奄美地方を除く鹿児島県内は7日、高気圧に覆われて晴れ、鹿児島市で30.8度を観測するなど気温が上昇した。同市は1日から7日連続で最高気温が30度以上の真夏日になり、10月の連続真夏日の最長記録を更新した。

 鹿児島地方気象台によると、10月初旬は中国大陸からの移動性高気圧の影響で、晴れたり曇ったりし気温が高い日は続きにくい。今年は亜熱帯高気圧の張り出しが強く、季節の移り変わりが遅れている。1カ月予報では暑さは15日ごろまで続き、その後は平年並みになる日が多くなる。

 鹿児島市の10月の連続真夏日は2007年の6日間が最長だった。10月の1カ月間で真夏日が最も多かったのは1961年の9日間。
広告