観覧車「アミュラン」も時短 コロナで利用減 11月から 鹿児島市

 2021/10/27 11:05
観覧車「アミュラン」=鹿児島市西千石町
観覧車「アミュラン」=鹿児島市西千石町
 アミュプラザ鹿児島(鹿児島市)を運営するJR鹿児島シティは、屋上の観覧車「アミュラン」の営業時間を11月1日から短縮する。

 新たな営業時間は平日が正午から午後8時45分(最終搭乗)、土日祝日が午前10時から午後8時45分(同)。従来は午前10時から午後10時45分(同)で、平日4時間、土日祝日は2時間短くなる。

 新型コロナウイルス下の利用状況を踏まえた基本時間の変更で、2004年の開業以来初めて。外出控えの継続や新たな生活様式の定着を踏まえ、「第6波」など感染再拡大も想定し判断した。

 19年度末から感染状況に応じて随時、夜間営業の繰り上げを続けていた。現在の最終搭乗は午後7時45分。季節に合わせた夜間のイルミネーションは、引き続き午後11時まで点灯する。
広告