かごしまオータムナイト大花火 2日午後7時 市周辺部からスタート 桜島まで7000発、22カ所リレー打ち上げ

 2021/11/01 21:00
2020年12月のウインターナイト大花火大会。市街地のあちこちで打ち上げられる花火=鹿児島市桜島赤生原町
2020年12月のウインターナイト大花火大会。市街地のあちこちで打ち上げられる花火=鹿児島市桜島赤生原町
 かごしまオータムナイト大花火大会は2日午後7時から約20分、鹿児島市内22カ所である。1尺玉を含む計7000発が、秋の夜空を彩る。湯之平展望所を除く21カ所は午後7時5分から1分間、新型コロナウイルス下で奮闘している医療従事者に感謝を表す青色の花火を、一斉に打ち上げる。

 分散打ち上げは、密を避けるため。花火は動画投稿サイト「ユーチューブ」で生配信する。

 コロナの影響で延期となった「かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会」の実行委員会が開催。秋の実施は初めてで、翌3日のおはら祭と合わせて鹿児島を盛り上げる。

 22カ所の花火は同規模で、1カ所当たり15分程度。市周辺部から中心部に向け、順に打ち上げていくリレー方式を採用する。最後は桜島・湯之平展望所からの打ち上げで終了する。

 あいハウジンググラウンド松元や喜入総合運動場など打ち上げ場所6カ所の周辺で、交通規制(午後6時半〜7時半、展望所は午後5時半〜)もある。