トラックのクレーンで同僚振り回す 暴行容疑で4人逮捕 川内川の河川敷 当初は「泳いでいて溺れた」と119番、溺死との関連捜査 鹿児島県警薩摩川内署

 2021/11/04 06:10
男性への暴行現場とみられる川内川の河川敷=3日午後、薩摩川内市東大小路町
男性への暴行現場とみられる川内川の河川敷=3日午後、薩摩川内市東大小路町
 鹿児島県薩摩川内市の川内川河川敷で8月、同僚の男性作業員を川に投げ入れたり、トラックのクレーンでつり上げて振り回したなどとして、薩摩川内署と県警捜査1課は3日、暴行の疑いで、鹿屋市上野町、会社員の男(43)ら4人を逮捕した。いずれも容疑を認めている。

 男性は事件の1カ月余り後、この4人と一緒に河川敷にいた際、川で溺れ死亡した。警察は事件と事故の両面で関連を調べる。

 ほかに逮捕されたのは、都城市南横市町、会社員の男(25)▽同市蓑原町、会社員の男(23)▽同市久保原町10街区、会社員の男(50)の3容疑者。

 4人の逮捕容疑は、共謀し、8月26日午前9時15分ごろ、薩摩川内市平佐町の川内川河川敷で、曽於市末吉町二之方、会社員の男性=当時(50)=をトラックのクレーンでつり上げ、上下左右に振り回して川に漬けたり、手足を持って川に投げ入れたりする暴行を加えた疑い。

 現場は川内川にかかる天大橋付近。4容疑者と男性は4月から、橋の補修関連の工事に携わっていた。

 同署によると、男性は10月6日午後、休憩中に作業着姿のまま川で溺れ死亡した。一緒にいた同僚が「泳いでいた男性が溺れた」と119番した。
広告