あす夜「部分月食」 ピークは午後6時ごろ

 2021/11/18 10:30
 月が地球の影に隠れて欠けたように見える「部分月食」が19日夕から夜にかけて起こる。今回は月の大部分が欠けるのが特徴で、皆既月食に近い状態が観察できそうだ。鹿児島地方気象台の予報では県本土は晴れ、奄美地方は曇り一時雨。

 鹿児島市立科学館によると、月食は午後4時18分から午後7時47分まで。鹿児島市の月の出は午後5時15分で、月食が最大になるのは午後6時2分ごろ。皆既月食のように赤みがかった月が見える可能性がある。

 月食は5月26日以来で、同館の担当者は「半年前はあいにくの天気だったが、今回は期待できそう。東の空に注目して」と話す。19日は同館のほか、せんだい宇宙館(薩摩川内市)で観察会が開かれる。
広告