「鹿児島からの応援が力に」 東京五輪柔道女子78キロ級「金」 浜田尚里選手に県民栄誉表彰 

 2021/11/18 20:47
東京五輪柔道で獲得した金、銀メダルを手にする浜田尚里選手=18日、霧島市の国分南中学校
東京五輪柔道で獲得した金、銀メダルを手にする浜田尚里選手=18日、霧島市の国分南中学校
 鹿児島県は18日、東京五輪柔道女子78キロ級で金メダルを獲得した浜田尚里選手(31)=自衛隊、霧島市出身=に県民栄誉表彰を贈った。浜田選手は「鹿児島からの応援が力になり、目標を達成できた」と笑顔で語った。

 鹿児島市の県庁を訪れた浜田選手は、塩田康一知事から表彰状を受け取り、「期間中、地元の方から多くのメッセージをもらった。勝って終わることができて良かった」と述べた。塩田知事は「勇気と希望をもらった」と感謝した。

 県民栄誉表彰は1996年度に始まり、浜田選手を含め7個人2団体を表彰。同じく東京五輪で金メダルに輝いたソフトボールの川畑瞳選手(25)=デンソー、鹿児島市出身=にも授与している。

 浜田選手は同日、霧島市から、第1号となる市民栄誉賞も受賞した。母校の国分南中、鹿児島南高も訪れ、「一日一日の積み重ねで金メダルを取れた。皆さんも夢に向かって頑張って」と後輩にエールを送った。