陸自の小型無人偵察機が行方不明に 種子島沖で訓練中

 2021/11/25 09:00
種子島沖で通信が途切れ、行方不明になった小型無人偵察機「スキャンイーグル」の同型機(防衛省提供)
種子島沖で通信が途切れ、行方不明になった小型無人偵察機「スキャンイーグル」の同型機(防衛省提供)
 防衛省は24日、種子島沖を23日夜に飛行していた陸上自衛隊の小型無人偵察機「スキャンイーグル」1機の通信が途切れ、訓練中に行方不明になったと発表した。被害は確認されていない。

 統合幕僚監部によると、無人機は陸自情報教導隊(静岡県)所属。全長約1.4メートル、翼長約3.1メートル、重さ約13キロ。高高度から撮影できる。

 23日午後8時35分ごろ、中種子町野間の旧種子島空港の南東約25キロ付近で、通信が途絶えた。19日から全国で始まった自衛隊統合演習の一環で対艦攻撃の情報収集訓練中だった。海上と陸上を捜索している。
広告