砂むし温泉でのり面崩落 指宿山川「砂湯里」 再開めど立たず

 2021/11/25 11:34
のり面が崩れ、土砂が流れ込んだ山川砂むし温泉「砂湯里」=指宿市山川福元
のり面が崩れ、土砂が流れ込んだ山川砂むし温泉「砂湯里」=指宿市山川福元
 指宿市は24日、指宿市山川福元の市営山川砂むし温泉「砂湯里」で23日朝、のり面が崩れ、臨時休館していると発表した。営業時間前でけが人はいなかった。周辺を立ち入り禁止とし、崩落の原因と復旧方法を調査検討中。再開のめどは立っていない。

 市観光施設管理課によると、のり面はコンクリート舗装されており、高さ30メートル、幅50メートルにわたって崩れた。砂蒸し場は海沿いの崖下にあり、土砂の一部が流れ込んだ。午前8時半すぎ、従業員が同9時の営業開始に向けて準備中だった。

 指宿市では22日未明から23日朝にかけて、雨が降ったりやんだりしており、雨や土砂災害に関する注意報や警報も出ていなかった。

 同温泉は指宿を代表する観光施設。多い日で1日200人の利用があり、10月は平日でも50~60人が訪れた。
広告