鹿児島県の新総合体育館 ドルフィンポート跡地と住吉町15番街区を一体整備へ 検討委が選定

 2021/11/26 12:33
ドルフィンポート跡地(2020年11月26日、本社チャーター機から撮影)
ドルフィンポート跡地(2020年11月26日、本社チャーター機から撮影)
 鹿児島県が計画する新総合体育館の基本構想検討委員会は26日、鹿児島市本港新町のドルフィンポート跡地(3万1000平方㍍)と住吉町15番街区(2万5000平方㍍)の候補地2カ所を一体的に整備することを決めた。県が示した5候補地から交通利便性など12項目の評価基準を点数化した。
広告