鹿児島の街の幸福度 3位姶良市、2位霧島市、1位は…

 2021/11/27 11:08
奄美市の金作原国有林
奄美市の金作原国有林
 大東建託(東京)は、居住満足度調査の鹿児島県版の結果を公表した。今回初めて発表した街の幸福度の1位に、奄美市が輝いた。住み続けたい街ランキングでは日置市がトップで、九州・沖縄でも10位にランクインした。

 調査はいずれも20歳以上の男女に居住自治体を評価してもらい、回答数50人以上の自治体を集計した。

 幸福度は2019〜21年の累積4670人から回答を得た。2位は霧島市、3位は姶良市。奄美市は住みここちランキングでは県内8位だった。

 住み続けたい街は昨年から調査を始めたため、2年間、計3427人分を集計。2位は姶良市、3位は霧島市だった。日置市は住みここちや街への愛着でも上位に入った。

 同社賃貸未来研究所の宗健所長は「幸福度は利便性だけで決まるわけではないことが示された。自治体間の点差は小さく、多くの人は自分の住む土地に満足しているようだ」と分析した。
広告