12歳以上の85%が2回接種済み 鹿児島県「希望者ほぼ完了」 新型コロナワクチン

 2021/12/01 07:33
 鹿児島県は30日、12歳以上の県民の85.06%が新型コロナウイルスワクチンの2回接種を終え、「希望するほぼ全ての県民に接種を完了した」との認識を示した。政府は11月中に希望者の接種を完了するよう求めていた。

 28日時点で123万2629人が2回接種を済ませた。接種対象外の11歳以下を含めた全人口に対する接種率は76.21%で、全国平均の76.74%をやや下回っている。1回目を終えたのは127万248人。12歳以上の87.66%、全人口の78.53%(全国78.74%)に当たる。

 年代別でみると、65歳以上の高齢者は各年代で2回接種が90%を超えた。40代、50代、60~64歳はそれぞれ80%台、12~19歳、20代、30代は70%台と若い世代ほど低い傾向にある。2回接種率が最も高いのは70代の95.31%、最も低いのは12~19歳の70.28%。

 3回目接種は12月1日、2回接種を終えた医療従事者から始まる。
広告