自宅床下から死体、20歳男「埋めた」 遺棄容疑で逮捕 鹿児島・南九州署

 2021/12/03 12:32
 南九州署は3日、死体遺棄の疑いで、自称南九州市頴娃町上別府、無職の男(20)を逮捕した。「埋めたのは間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、11月上旬ごろ、被害者の死体を自宅に遺棄した疑い。

 同署などによると、遺体は床下から見つかった。男は祖父と2人暮らし。祖父と連絡が取れていないことから、遺体は祖父の可能性があるとみて、身元の特定を進める。