日本一美しいカエルが、こんなところに…

 2021/12/03 20:08
排水管からひょっこり姿を現すアマミイシカワガエル=奄美市住用
排水管からひょっこり姿を現すアマミイシカワガエル=奄美市住用
 鹿児島県奄美市住用のコンクリート擁壁の排水用パイプに、「日本一美しい」といわれる県天然記念物で奄美大島固有種のアマミイシカワガエルが居着いている。辺りを警戒しながら身を乗り出す姿は愛くるしく、写真撮影する人もいる。

 公共施設駐車場の一角。同市職員の久保公一さん(56)が、今年6月ごろに気付いた。緑の肌に金色の斑紋(はんもん)が鮮やか。冬眠しないイシカワガエルは何とも居心地がいい様子。久保さんは「こんなに身近に希少生物がいる。自分たちが豊かな自然の中に暮らしていると改めて実感する」と話した。
広告