徳之島空港4時間閉鎖 3便欠航、4便に遅れ オイル漏れの旅客機、離陸前点検でも異常なし

 2022/04/20 11:40
滑走路で旅客機から漏れたオイルの除去作業を行う空港職員ら=天城町浅間の徳之島空港
滑走路で旅客機から漏れたオイルの除去作業を行う空港職員ら=天城町浅間の徳之島空港
 19日午前10時20分ごろ、徳之島空港(天城町)で徳之島発鹿児島行き日航3792便エンブラエル170(乗客乗員72人)が離陸前に滑走路を走行中、機長がオイル量低下を示す表示に気付き、離陸を中止した。けが人はいなかった。復旧作業のため滑走路が約4時間閉鎖され、この便を含む3便が欠航、鹿児島行きなど4便に遅れが出た。

 運航するジェイエア(大阪府)によると、機体からオイルが漏れており、原因を調べている。鹿児島空港からの前便は正常に運航し、離陸前の点検でも異常はなかったという。

 オイル漏れした旅客機に乗り合わせていた鹿児島市の会社員の男性(52)は「滑走路の途中で急に止まった。何だろうと思っていたら、20分ほどして機長から『オイル漏れのため引き返す』とアナウンスがあった。こんなことは初めて」と話した。機体から降りる際にタイヤ付近を見ると、オイル漏れがはっきり分かったという。