運転手が足りない 鹿児島市から移譲の南国バス3路線23本、5月9日から9月まで運休 朝の通勤・通学時間帯は維持

 2022/04/22 21:07
平日に1日12本運休する予定の南国交通・吉野線バス=鹿児島市
平日に1日12本運休する予定の南国交通・吉野線バス=鹿児島市
 鹿児島市は22日、南国交通に移譲したバス10路線のうち吉野線、明和線、清水・常盤線の3路線について、5月9日〜9月30日の平日、1日計23本運休すると明らかにした。運転手の退職が相次ぎ、安全面や法令順守に影響が出る恐れがあるため。同社は運転手の採用を急ぐが、確保できない場合は運休が延長になる可能性がある。市議会産業観光企業委員会で報告した。

 対象は昼から夜の便で吉野線は98本から12本減、明和線は99本から10本減。清水・常盤線は最終便を1本運休する。市が移譲したのは362本(自主的な増便含む)で、新型コロナウイルス禍で効率的な運行をするため、4月1日に325本にダイヤ改正したばかりだった。朝の通勤・通学時間帯は現状を維持する。

 南国交通は自社路線の運休を含め近くホームページで詳細を発表、各バス停に案内を掲示する。

 市交通局によると、運行計画に沿った必要な運転手数は163人。今年に入り、1月と2月に各1人、3月5人、4月2人が退職し139人となり充足率は85%。これまで人員不足には、休日出勤や時間外勤務で対応していたが安全面などを考慮し運休に踏み切る。

 同社は「利用者に迷惑を掛け申し訳ない。採用努力を重ね、運転手がそろい次第、通常ダイヤに戻していく」と説明した。研修などを経て業務に入れるのは最短で10月の見込みだが、昨年10月以降、採用への応募はないという。

 市は2020年4月の移譲を前に「(運行経路や便数は)原則3年間維持」する基本協定を結んでいる。市交通局は「大変遺憾。利用者への丁寧な周知広報と運転手採用について最大限努力するよう申し入れていく」としている。