明治の豪商屋敷をにぎやかに彩る武者人形 都城・旧後藤家で「端午の節句展」

 2022/05/03 13:00
武者人形の3段飾りや折り紙のつるし飾りが並ぶ「端午の節句展」=4月29日、都城市高城の旧後藤家商家交流資料館
武者人形の3段飾りや折り紙のつるし飾りが並ぶ「端午の節句展」=4月29日、都城市高城の旧後藤家商家交流資料館
 宮崎県都城市高城の旧後藤家商家交流資料館で「端午の節句とおりがみ展」が開かれている。武者人形やかぶと飾り約50セットと、こいのぼりなどの折り紙作品約1000点が、国有形文化財で明治時代の豪商屋敷をにぎやかに彩る。8日まで。

 NPO法人高城歴史文化のまちづくりフォーラムが毎年開き16回目。おりがみ展とのコラボは4年ぶりで、同市や曽於市で教室を開く明石美枝子さん(73)は「生徒30人と世界平和と子どもの健康を祈り折った力作」と来場を呼び掛ける。

 午前10時~午後4時。入館料は高校生以上200円、小中学生100円、幼児以下無料。同館=0986(58)6900