ちゃっかりサギ トラクター追いかけ餌探し 今日から愛鳥週間

 2022/05/10 09:29
トラクターが耕す田んぼで餌を探すサギたち=9日午前、霧島市国分広瀬
トラクターが耕す田んぼで餌を探すサギたち=9日午前、霧島市国分広瀬
 長旅の途中や繁殖期を控えた野鳥たちは、体力を蓄えるために食欲旺盛。あの手この手を使って食事にありつく。田植え準備が進む鹿児島県内では、田おこし中のトラクターに付いて回り、ちゃっかり人の手を借りて獲物を捕るサギの姿が見られ、この時季ならではの風物詩となっている。10日から16日は愛鳥週間。

 霧島市国分広瀬の干拓地では9日午前、全身真っ白なチュウサギ、頭と背がオレンジ色のアマサギなど20羽ほどが集結、田んぼを耕すトラクターの後を追ったり待ち伏せたり。近くの宮永昇さん(63)は、「田おこしをするとたくさんついて来る。害虫を食べてくれるのはありがたいが(虫を食べる)カエルまで捕ってしまう」と話し、サギたちの食欲にお手上げ気味だった。