1日も休まず公衆トイレを磨いて2年 きれい好き公民館長 かつてのあだ名はトイレ用洗剤名 1時間かけて隅々まで、仕上げは床に粘着シート

 2022/05/13 21:00
スポンジで隅々まで丁寧に掃除する中村治さん=日置市東市来町美山
スポンジで隅々まで丁寧に掃除する中村治さん=日置市東市来町美山
 日置市東市来の美山地区公民館長。公民館事務所がある元外相東郷茂徳記念館敷地内の公衆トイレは観光客の利用が多いため、2年間1日も休まず、1時間ほどの掃除を続けている。

 2018年、館長に就任。県の整備事業でトイレ建設が計画され、市を通じて「造るなら洋式の立派なものを」と要望した。20年4月に願い通りの高機能トイレが完成。「県内一きれいなトイレとして維持しよう」と、毎日の清掃を決意した。

 日中に用事があっても早朝や夜間に作業し、毎日続けることにこだわる。市社会福祉協議会勤務時代は、トイレ用洗剤の名前があだ名になるほどの掃除好き。快適に使ってほしい一心で、スポンジを手に見えにくい隅々まで磨く。床はモップをかけた後、粘着シートを転がして仕上げると、歩き心地も変わるという。

 励みは利用者の声。清掃中に訪れた若い女性2人が「めっちゃきれいやん」と大きな歓声を上げ、思わずにんまりしたことも。「トイレがきれいだと、丁寧に使ってくれる」。中村さんは今日も心を込めて磨く。