医療緊急警報を延長 都城の64人含む492人新たに感染 新型コロナ・宮崎13日発表

 2022/05/14 07:00
 宮崎県の河野俊嗣知事は13日の定例会見で、新型コロナウイルス対策として15日を期限に県内全域に発令している「医療緊急警報」を、29日まで延長すると明らかにした。感染状況については、現在県内全域を指定している最も深刻な「感染急増圏域」を各圏域の状況に応じて見直しを検討する。

 13日発表の県内の新規感染者は492人。県分が都城市64人、三股町15人、小林市25人、えびの市3人、鹿児島県2人(都城保健所1、日向保健所1)など281人。宮崎市は211人確認した。直近1週間の10万人当たりの新規感染者は338.3人。県内の累計感染者は4万5527人。

 また県は、小林市やえびの市などの30代~100歳以上の男女13人を小林市の高齢者施設のクラスターと認定した。