棚田に広がるモネ「睡蓮」の世界 白やピンクの花見頃「ゆっくりとした時間過ごして」 さつま

 2022/05/17 08:30
棚田で鮮やかな花を咲かせるスイレン=さつま町田原
棚田で鮮やかな花を咲かせるスイレン=さつま町田原
 鹿児島県さつま町田原の棚田でスイレンの花が見頃を迎えている。近くの農業委員豊増文夫さん(75)が、画家クロード・モネの「睡蓮(すいれん)」をイメージして茂りすぎないように管理。水面に反射する白やピンクの花を楽しめる。

 豊増さんは3年前から耕作放棄地で栽培を始め、現在の広さは1300平方メートル。「水面には雲もきれいに映る。ゆっくりとした時間を過ごしてもらえたら」と来場を呼び掛ける。

 16日は七分咲き。満開は6〜7月で、開花は9月いっぱいまで。花は夕方にしぼむため、観賞は午前10時〜午後3時が最適という。7月からは約500平方メートルに植えたハスも咲く。