5月前半は鹿児島市内の小学校の77%で感染確認 高校75%、中学は67% 新型コロナ

 2022/05/20 21:38
 鹿児島市は20日、市内にある学校の種別ごとの新型コロナウイルス感染状況(5月1~15日)を発表した。小学校は全88校のうち77%の68校で感染者が計401人確認され、最も割合が高かった。

 高校(29校)は75%の22校で感染者238人、中学校(52校)は67%の35校で200人、認可保育所や認定こども園、幼稚園(373園)は28%の107園で247人。全ての園児、児童生徒に対する感染者数の割合はいずれの学校種別も1%余りだった。

 市は保健所の業務負担軽減のため感染者の行動調査を縮小したのに伴い、1月からクラスターの認定を休止している。どんな集団で感染が広がっているか示すため今後、半月に一度、学校種別の感染状況を発表する。1~15日の市全体の感染者に占める10代以下の割合は35%。