都城の69人など、468人新たに感染、1人死亡 新型コロナ・宮崎24日発表

 2022/05/25 07:00
 宮崎県と宮崎市は24日、新型コロナウイルスの感染者468人を新たに確認したと発表した。また県はコロナ治療中の高齢者1人が亡くなったことも明らかにした。第6波以降の死者は100人で累計141人。

 亡くなったのは基礎疾患のある90代。ワクチンは未接種だった。

 新規感染者の県発表は都城市69人、三股町26人、小林市10人、えびの市3人、鹿児島県1人(都城保健所)など248人。宮崎市は220人。県内の累計感染者は5万507人。また県は同日までに感染を公表した三股町の10歳未満の男女7人を同町の教育・保育施設のクラスターと認定した。