鹿児島ユナイテッド 29日敵地で讃岐戦 天皇杯で控え組活躍、競争激化 サッカーJ3

 2022/05/26 13:30
讃岐戦に向けて練習に励む選手たち=鹿児島ユナイテッドFCトレーニングセンター「ユニータ」
讃岐戦に向けて練習に励む選手たち=鹿児島ユナイテッドFCトレーニングセンター「ユニータ」
 サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)は25日、鹿児島市喜入の専用練習場「ユニータ」での練習を報道陣に公開した。29日に敵地で讃岐戦、さらに中2日で天皇杯2回戦(対J2長崎)を控え、大嶽直人監督は「タフな試合が続く。粘り強くやれるかがポイント」と力を込めた。

 前節の勝利で首位に浮上。天皇杯1回戦も快勝するなど好調が続く。天皇杯で活躍を見せた野嶽は「全員がやるべきことをやって結果がついてきた」と胸を張った。

 天皇杯で控え組が結果を残し、チーム内競争は高まっている。スタメン常連の薩川は「刺激になる」とし、「運動量や攻撃を活性化させる動きはどの選手よりも長(た)けている。今後も負けずにやっていきたい」と発奮。古巣の讃岐との対戦に向けては「(在籍した)2年間は結果を残せなかった。プレーで恩返ししたい」と語った。