腕を上げ下げクジャクのポーズ、鼻揺らすように手首を曲げると? 「ゆる~りどうぶつ体操」 老人ホームと動物園がコラボ 鹿児島

 2022/05/26 14:30
クジャクの動きを参考にした体操をするまほろあいらの利用者(まほろあいら提供)
クジャクの動きを参考にした体操をするまほろあいらの利用者(まほろあいら提供)
 鹿児島市の平川動物公園と姶良市の住宅型有料老人ホーム「まほろあいら」は、動物の動きにヒントを得たオリジナルの体操動画「ゆる~りどうぶつ体操」を作った。動画投稿サイト「ユーチューブ」の同園公式チャンネルで公開、両施設の担当者は「動画を見ながら楽しく体力づくりをしてほしい」と勧める。

 クジャクが羽を広げるように腕を上げ下げしたり、ゾウが鼻を揺らすように手首を曲げたり-。まほろあいらの機能訓練指導員が動物の動画を参考に作った16種の体操を利用者と家族、職員が実演し、約7分間の動画で紹介している。

 作成のきっかけになったのは、受験生に合格祈願のお守りを贈る両施設の取り組み。同じ日に同様の活動が新聞報道されたことに縁を感じた、デイサービスリーダーの市山華代さん(47)が今年3月、同園にコラボを持ちかけた。

 「動物の動きを体操で再現できないか」と長年考えていた同園教育普及係の落合祐子さん(43)が「誰でもできる体操を作って」と提案。施設が撮影した動画に、落合さんが音楽や字幕を入れて編集し、14日に公開した。

 施設では、利用者が動画を見ながら体操をしている。新型コロナウイルスの影響で2年以上、外出や面会が制限されている中、利用者の楽しみの一つになっているという。市山さんは「動物に癒やされながら気軽に踊ってほしい」と話している。