未明の火災 全焼の住家から2人の遺体 80代夫婦と連絡取れず 志布志

 2022/05/28 09:52
2人の遺体が見つかった火災現場で消火活動をする消防団員ら=28日午前5時14分、志布志市志布志町安楽
2人の遺体が見つかった火災現場で消火活動をする消防団員ら=28日午前5時14分、志布志市志布志町安楽
 28日午前4時35分ごろ、志布志市志布志町安楽、無職男性(81)方から出火、いずれも木造平屋の住家約135平方メートルと、隣接する空き家43平方メートルの計2棟を全焼した。焼け跡から2人の遺体が見つかった。この男性と妻(81)と連絡が取れておらず、志布志署が身元の確認を進めている。

 同署によると、男性は妻と2人暮らし。遺体は住家の室内から見つかった。消防と合同で実況見分して出火原因などを調べる。

 110番した50代の男性は「ドンと音がして、火の手が上がっていた。恐ろしかった」と話した。

 現場は県道志布志福山線から脇道に入った山あいの集落で、住家が点在している。