ひっそり子育てするはずが…街路樹の巣に“受難” くじけなかったトビ、1カ月後見違える姿に

 2022/06/25 08:30
枝がせん定され丸見えになった巣で子育てに励むトビ=5月11日、鹿児島市城南町
枝がせん定され丸見えになった巣で子育てに励むトビ=5月11日、鹿児島市城南町
 鹿児島市城南町の街路のクスノキに巣をかけたトビ。こんもり茂る葉陰でひっそりと子育てするはずが枝をせん定され、5月中旬には周囲から丸見えになってしまっていた。そんな“受難”にも負けず、親鳥は生まれたひなに毎日餌を運び続けた。

 1カ月もすると雨や日差しを避けられるほどに新葉が広がり一安心。親と見間違うほどに成長した子どもたちは24日午前、1羽が巣立ち、もう1羽も間もなく後を追う。