校外学習の小6児童9人ハチに刺される 公園で自然散策中 鹿児島市、巣の駆除へ

 2022/06/25 15:00
慈眼寺公園(資料写真)
慈眼寺公園(資料写真)
 24日午後1時すぎ、鹿児島市下福元町の慈眼寺公園内で、校外学習で自然散策をしていた清和小学校の6年生9人がハチに刺された。病院で治療を受け、帰宅した。体調不良を訴える児童はいないという。市は巣の駆除を急いでいる。

 同校によると、児童は園内のライオンズ広場近くの谷山神社付近で、脚や腕、手のひらなどを刺された。ハチの種類は不明。教諭が病院に連れて行き、児童は塗り薬や点滴の治療を受けた。痛みを訴えていたという。他の児童は校外学習を続け、近くのふるさと考古歴史館を見学した。

 同校から通報を受け、市公園緑化課はライオンズ広場付近にコーン標識や看板を立て、立ち入り禁止にした。駆除業者が巣の特定を急いでおり、駆除が終わり次第、解除する。公園内の同広場以外の場所は通常通り利用できる。