フェリーあけぼのが砂地に乗り上げ 自力で離礁、損傷や油流出なし 与論港

 2022/06/26 11:26
フェリーあけぼの(資料写真)
フェリーあけぼの(資料写真)
  25日午後1時40分ごろ、鹿児島県与論町の与論港に入港中の鹿児島発那覇行きマルエーフェリーの旅客船「フェリーあけぼの」(8083トン、全長145メートル)が近くの砂地に乗り上げた。乗組員28人と乗客89人にけがはなかった。

 奄美海上保安部によると、自力で離礁し、損傷や油の流出はなかった。フェリーは与論港を遅れて出港した。原因は調査中。