参院選 鹿児島県選管 選挙公報81万部を発送 投票日2日前までに全世帯へ

 2022/06/27 12:50
選挙公報をトラックに積み込む運送会社の従業員=27日、鹿児島市谷山港3丁目
選挙公報をトラックに積み込む運送会社の従業員=27日、鹿児島市谷山港3丁目
 鹿児島県選挙管理委員会は27日、7月10日投開票の参院選候補者の公約や経歴が掲載された選挙公報を市町村選管に発送した。投票日の2日前までに県内全世帯に届く予定。6月25日から県のホームページでも公開している。

 発行部数は選挙区、比例代表とも81万6859部で、鹿児島市や奄美地域など一部の自治体には26日に発送した。27日は鹿児島市谷山港3丁目の運送会社で、社員10人が各26万3580部をトラック4台に積み込んだ。

 同社であった出発式で、県選管事務局の浅井勝志次長(49)は「公報は有権者の判断材料。事故なく確実に届けてほしい」とあいさつ。有権者には「公報を活用し、一人でも多くの人に投票に行ってほしい」と呼び掛けた。