マンション管理費など900万円横領か 元管理人の男、集金を組合口座に入金せず 決算では偽造の通帳を

 2022/06/28 10:49
 鹿児島市の分譲マンションの管理人として、住人から集金した約900万円を横領したとして、鹿児島中央署は27日、業務上横領の疑いで、鹿児島市荒田1丁目、無職の男(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は2015年8月~20年4月ごろまでの間、多数回にわたって、マンションの管理費や修繕積立金など計約900万円を横領した疑い。同署によると、住人でつくる管理組合が告訴状を提出していた。

 管理組合が男を相手取って起こした損害賠償請求訴訟の判決によると、06年ごろから20年7月までの間、集金した計約4200万円を組合名義の預金口座に入金せず、個人的に使っていた。鹿児島地裁は同額の支払いを命じた。

 男は年1回の決算の際、組合理事らに預金通帳の原本を示さず、偽造した写しを提出していた。