鹿児島県職員また逮捕 32歳容疑の男、酔って警察官の腹を足蹴り 知事「県民に申し訳ない」

 2022/06/29 11:30
 酒に酔って警察官を足蹴りしたとして鹿児島西署は28日、公務執行妨害の疑いで、県職員の男(32)=鹿児島市上荒田町=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は同日午後10時55分ごろ、鹿児島市の実家敷地内で、同署男性警部補(34)の腹を1回蹴り、職務の執行を妨げた疑い。警部補にけがはなかった。

 署によると、市内の飲食店から「大声で騒いでいる客がいる」と同署鹿児島中央駅前交番に通報があり、男は駆け付けた警部補らと店を出た。泊まろうとした近くのホテルで騒ぎ、保護された。実家の住所を答えたため、パトカーで連れて行き、父親に引き渡そうとした際、足蹴りした、という。

 塩田康一知事は取材に「詳細は把握していないが、県民に申し訳ない」とした上で、9日の収賄容疑に続き県職員が逮捕されたことに「服務規律や綱紀粛正を改めて徹底し、信頼を裏切らないようにしたい」と述べた。