吉田拓郎さん“最後”のアルバム発売 鹿児島・伊佐出身、地元ファンは「ありがとう、と叫びたい」 店舗もPRに力、売り切れも

 2022/06/29 21:50
吉田拓郎さんの「ラストアルバム」コーナーを設けたCD売り場=鹿児島市宇宿2丁目のブックスミスミオプシア
吉田拓郎さんの「ラストアルバム」コーナーを設けたCD売り場=鹿児島市宇宿2丁目のブックスミスミオプシア
 鹿児島県伊佐市出身の歌手、吉田拓郎さん(76)が「最後」と位置付ける新アルバム「ah-面白かった」が29日、発売された。吉田さんは年内で芸能活動から退く意向とされ、鹿児島市内のCD販売店は特設コーナーを作りPR、売り切れる店もあった。

 ブックスミスミオプシア(宇宿2丁目)は、CD売り場の入り口付近にコーナーを設置。DVD付きのものが売れ行きが良いという。

 中町の十字屋クロスは、入荷分が完売。担当の野口喜彦さん(62)は「60代以上の反響が大きい。旧譜も売れており、懐かしい曲を聴き直そうという熱気を感じる」と話す。

 伊佐市で吉田さんの曲を演奏する集いを開いてきた神野政秀さん(73)=出水市平和町=は、新作が手元に届くのを待つ。「最後と思うと寂しいが、ありがとう、と叫びたい気持ち」と述べた。