水深1.2~2メートルのプールで21歳女子大生が水死 妹助けようと溺れたか ホテル、監視員置かず 指宿

 2022/07/25 21:30
宿泊客の女子大生が水死したプール=25日、指宿市の指宿シーサイドホテル
宿泊客の女子大生が水死したプール=25日、指宿市の指宿シーサイドホテル
 24日午後3時半ごろ、鹿児島県指宿市十町の指宿シーサイドホテルで「女性がプールで溺れている」と従業員が119番した。福岡県筑紫野市紫1丁目、女子大学生(21)がプールの底に沈んでいるのを宿泊客や従業員が引き上げたが、搬送先の病院で死亡した。死因は水死。

 指宿署によると、プールは長さ22メートル、幅9.5メートル、深さ1.2~2メートル。女性は深みで溺れかけた妹を助けようとして溺れたとみられる。泳いでいたのは2人だけだった。ガラス越しにロビーから見ていた宿泊客や従業員が自力でプールサイドに上がった妹が浮輪をプールに投げていたため異変に気付いた。女性は家族旅行で訪れていた。

 ホテルによると従業員が巡回するが、監視員は置いていない。鮫島幾代支配人は「事故防止策を見直し、安全に努める」と話した。